早漏に効く薬

セックスでも自慰でも早漏に悩んでいます・・・

とにかく早漏に困っています・・・・。

私は極度の早漏で、速い時では数秒でイッテしまいます・・・。

 

一人による自慰だと、ペニスを握ってから、上下に3〜5回ほど動かすだけで射精してしまうのです。
kyoutu.jpg

 

そのため、パートナーとの性行為になると、自分だけでなく相手に対しても迷惑をかけてしまいます。

 

早漏というのは、性交時に射精が性的な満足を得る前に男性が射精してしまうという現象を言い、男性の性交症状の悩みとして比較的多く、特に若い男性に多い悩みの一つだそうです。

 

そこで、最近になり早漏に効果的として利用されているのが抗うつ薬(SSRI)のパキシルです。
namaekusuri.jpg

 

パキシルは、以前から射精困難といった副作用は指摘されていたそうですが、いわばこの副作用を逆手に取り、服用するというわけですね。

 

SSRIにも種類があるのですが、このパキシルは特に効き目が強く、キレも良いのですが、副作用がほとんどないのがポイントで、そのため日本国内の抗うつ薬全体の7〜8割のシェアを獲得しているそうで、それほど信用性が高く、効果も強い利点があるそうです。

 

 ・パキシルの詳細・購入について>>

 

 

早漏の原因

そもそもなんですが、どうしてすぐに射精してしまうのでしょうか?早漏の悩みが出てしまうんでしょうか?
nayami.png

 

私が最初に思っていたのが、ペニスに対して”良い刺激”を与えるから、そのため気持ちがヨスギテ、興奮してすぐに射精してしまう・・・。たしかに、射精に至る要因のひとつとして、ペニスに刺激を与えることで射精に至るそうですが、あくまでも約10〜20%だそうです。

 

じゃ〜、原因はナニか?
もっとも大きな要因としては、脳の自律神経が関係してくるそうです。

 

boki.jpg

ペニスが勃起するのも、裸の女性を見たり、アエギ声を聞くことで、脳が興奮し、そこから自律神経をたどり意思とは関係なしに、快感を覚え、勃起します射精する態勢をとります。

 

自立神経のなかでも種類がありますが、その中で交感神経が関係し、早漏で悩んでいる人は「興奮が強い状態」になるために、すぐに射精してしまうわけです。

 

ペニスへの刺激と興奮で徐々に「射精する態勢になる状態の交感神経」が強くなり、 射精するという流れになります。しかも、その自律神経には、絶対に逆らうことができず、早漏の悩みを持っている人は、解消法がなかなかつかりません。

 

そこで、早漏に効く薬であるSSRIのパキシルを服用します。

 

早漏の薬パキシルの効果とは?

”SSRI”とか"パキシル"とか、なんだか「体に悪い」ような薬を体内に鳩首させるような気がするのですが・・・大丈夫なの?
kusrui.jpg

 

noura.png

あくまでもパキシルの効果としては、脳内の交感神経の末端から放出されるセロトニンの量を増やしてくれる役割を果たます。

 

じゃぁ、逆にセロトニンの量が少ないとどうなるかと言うと、「うつ病、不眠症」などが起こりやすくなり、人間が生活する中で、セロトニンという細胞は必要不可欠ですが、「年齢、ストレス」が影響して、減少するため、うつ病や不眠症の患者が増え、SSRIのパキシルなどを服用するわけです。

 

で、あくまでですが、パキシルの「効果」として早漏が関係するわけではなく「副作用(副効果)」により、射精困難や性欲の減退といった部分に効いてくるわけです。

パキシルをセックスの前に服用することで、射精までの時間が通常時(個人差有り)の30倍近くまで遅くなるといった報告があるそうです。

 

脳の勃起中枢の興奮状態が陰茎に伝わることにより、陰茎は完全な勃起状態になり、次にこの興奮が脳の中枢神経へと伝わり、交感神経が緊張することにより、前立腺と収縮して射精になります。

 

では、なぜパキシルを服用することで、早漏を予防できるのか?

 

実は、この原因としてパキシルが脳内のセロトニンに選択的に作用するからだそうで、脳内のセロトニンの量を増加させることが大きく関係してくきます。
noudayone.png

 

脳内のセロトニン量と射精の間に直接的な関係はまだハッキリと確認はされていないそうですが、セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンなど興奮と非常に深い関係があり、神経伝達物質で、量を減らすことがわかっています。

 

脳内の過剰な興奮が一気に低下し遅くなることで、射精中枢への伝達も遅れるため、結果的に射精も遅くなり、早漏を予防し、正常に精子を放出することができるわけです。することができるわけですね。

 

パキシルを通販で購入する

そこで、パキシルの利用についてですが、病院などでも「早漏治療」としても内科などで処方しているそうです。しかし、その場合として、保険適用外になるために、つまり自費診療となり、約価格が高くなります。
imanoomoi.jpg

 

例えば、1錠だけでパキシル20mgで500〜1500円以上もするそうです・・・。

 

そのため、薬価格の安さを求めるならインターネットの通販を利用します。

 

同じパキシルで、1錠100〜130円で購入することができます。

パキシルジェネリック
  • 20mg(30錠)=2900〜3000円
  • 40mg(30錠)=3700〜3900円

 

あと、パキシルは1錠で20mgで、5〜10時間ほど効果が続くそうです。あくまでも個人差があると思うのですが、最初に試す人は、まず20mgの成分の弱めで、かつ、錠剤を半分にしてから服用するのも一つ良いのかもしれませんね。

 

 

男として、「パートナーとの性行為」や「一人の自慰」において、できるだけ時間は長い方が良いものです。しかも、パートナーの女性に対して早漏は恥ずかしいものです・・・この悩みを解消するためにSSRIのパキシルを服用するわけですね。

 

個数

価格

販売店

20mg(30錠) 2900円〜 (1錠:100円)

購入はこちらから>>

40mg(30錠) 3700円〜 (1錠:130円)

購入はこちらから>>

 

・参照サイト>>>
http://xn--q9jh6fsgzb8i8gx782bihrabw5c.biz/